プラズマローゲンは認知症に効く?九州大学の藤野武彦教授が語るプラズマローゲン

 

軽度のアルツハイマーの症状にプラズマローゲンサプリがどのような効果をもたらすのか九州大学の藤野武彦さんによる解説をご紹介します。
薬より身近に感じられるサプリを使ってみたいという方にぜひ知っておいてもらいたいお話です。

 

プラズマローゲンとはどんな物質なのか

アルツハイマー病は発症した本人も、そして家族も日常生活に困難が襲うことで大変な毎日を送ることになります。
そんなとき、九州大学の藤野武彦名誉教授が医学雑誌に掲載した「プラズマローゲン」という物質について話している内容が注目されました。

 

プラズマローゲンという物質は私たち人間のみならず動物の体内にも存在する物質のひとつです。
体の中でプラズマローゲンは神経細胞が酸化してしまうことを防いでくれる作用を持ちます。

 

いわゆる抗酸化作用があるため神経細胞の劣化を防ぐことが出来ます
このプラズマローゲンは特に脳神経細胞、リンパ球、心筋にたくさん含まれていることが分かっています。

 

藤野教授による試験結果

九州大学の藤野武彦教授による試験が全国25ヶ所で行われました。
その試験内容とは次のようなものです。

  1. 年齢が60歳から85歳まで
  2. 軽度ADや軽度認知障害に該当する方
  3. プラズマローゲンが含まれている食品と、含まれていない食品を無作為に提供して摂取してもらう

 

その結果、軽度ADの方は記憶力を図る検査の結果が良好だったことが分かったのです。
症状が改善されたのは軽度認知障害の方も同じで、その数は半数にも上りました。

 

また、重度の方の結果でもおよそ3割の方が改善されたという報告がなされています。
これまで苦しんできた妄想、抑うつ、幻覚などの症状が改善されたことは患者さんにとって大きなメリットとなりました。

 

藤野教授が患者さんたちに与えたのはプラズマローゲンサプリです。
試験に協力した民間企業によってホタテからプラズマローゲンの抽出に成功しました。

 

当時は試験に使われたものでした。
それが今では普通のサプリメントとしてプラズマローゲンサプリが市販されるようになったので、身近な存在になったと言えるでしょう。

 

脳内にストレスが蓄積されるとどうなるのか

 

藤野教授はなぜプラズマローゲンに着目したのでしょうか?
それは、教授のひとつの経験が理由になっていました。

 

教授が大学を卒業した後に研究を続けてきた中で、標準体型よりも太っている人が心臓を悪くしてしまう状態の中、症状を改善させるためにダイエットを始めてもすぐリバウンドしてしまうことに疑問を抱きました。
その結果判明したのが脳内に受けてしまうストレスだったのです。

 

結論から言うと、脳内に強いストレスを受けていたことがリバウンドの原因のひとつだったのです。
私たち人間の脳は2つの司令塔があります。

 

それは「旧皮質」「新皮質」です。
旧皮質とは本能の食欲は性欲などを担い、旧皮質は精神的な活動となる学習や思考を担ってます。

 

脳内にストレスを受けたとき、新皮質である精神的な司令塔の処理能力が劣ります。
すると旧皮質の処理能力も劣ります。

 

その結果として自律神経が乱れてしまい、以下のような状態に陥ることがあります

  • 睡眠障害
  • 意欲がなくなる
  • いくら食べても食欲が満たされない
  • 肥満

 

藤野教授が定義づけた「脳疲労」とは

 

脳内が強いストレスにさらされている状態を、九州大学の藤野武彦教授は「脳疲労」と定義づけました。
そしてこの脳疲労を解消させるために必要なこととして唱えたのが「ブックス法」です。

ブックス法とは・・・
  • 健康にいいこと(それが医師の勧めでも)でも自分にとって嫌なことと感じた場合はすぐにやめること
  • 健康に悪いこと(それが医師に止められたことでも)でも自分にとって好きなことと感じた場合はすぐにやめないこと
  • 大事なことは健康にいいことが自分の好きなことだったときに続けること

 

これらの意識が脳にストレスを与えないと唱えていいます。
これこそが認知症や生活習慣病を予防する、解消するために必要なことと説いています。

 

健康志向が高い方やもともと心配性という方にとって、藤野教授が唱えるこのブックス法は驚きの方法ではないでしょうか。
このブックス法は15年間、およそ2万人を対象に追跡調査をした結果、死亡率を低下させることが分かったのです。

 

さらに脳疲労が解消されることがメタボリック症候群を改善させた驚きの結果となりました。

 

藤野教授による診察によって処方されるサプリ

先ほどの研究結果の流れから、研究の途中で出会ったのがプラズマローゲンという成分です。
アメリカでADの亡くなった患者さんの脳内を調べた結果、脳内でプラズマローゲンが減少していることを突き止めました。

 

生きているADの患者さんの脳内でも減っていることを藤野教授は確認したのです。
藤野教授はボックス法を実施しているクリニックを運営しています。

 

そこで認知症の患者さんに対してプラズマローゲンサプリを処方しています。
毎日飲み続けることで3ヶ月後には症状が改善されたという患者さんもいます。

 

プラズマローゲンサプリでプラズマローゲンを取り入れることで脳疲労が解消されて、旧皮質と新皮質の働きを正常に戻してくれるというわけです。

 

プラズマローゲン

>>効果とコストと成分で選んだおすすめのプラズマローゲン総合ランキングはこちら<<

【プラズマローゲンサプリの効果】関連記事

年齢を重ねてくると心配になるのが認知症です。この認知症を、健康補助食品であるサプリメントで症状が改善出来たらうれしいと思いませんか?こちらでは認知症や、認知症に効果が期待できるとされるプラズマローゲンサプリのお話をご紹介していきます。いつから物忘れを感じるようになるのか個人差はあるものの、50代に入...